水の賞味期限

ウォーターサーバーの水の賞味期限は存在するの?

震災後特に、災害時に、飲料水や乾パンを自宅に備えておく人もいまや少なくありません。
それらの商品には、賞味期限が比較的長いものもありますが、いったいペットボトルの水ってどれくらい持つのでしょう?
一般的に、ペットボトルの水の賞味期限は、未開封の場合1年ほどに設定されていることが多いようです。

スーパーから大量のペットボトルの水が買い占められてしまったことは記憶に新しいですが、ウォーターサーバーは、定期的にメンテナンスを行ってもらえて水も宅配で入手できるので、そんな非常時にも自宅に替えを用意しておくことが可能なので、日頃から意識して、自宅にストックしている人も多いでしょう。
しかしながら、やはりウォーターサーバーの水にも賞味期限があるんです。
ウォーターサーバーの水は、未開封かつ密封状態で届きますので、衛生面ではかなり安心であることは周知です。

何度もフィルターを通した殺菌された水なので、賞味期限も長いと思う人もいるかもしれません。
しかし、開封後は2週間、空気中に触れず、つまり未開封のまま保管している替えのお水の場合も、最長で一年間と言われています。
正しい保存方法で保管した場合も、期限の目安は3か月から半年の期間だそうです。

また、期限に近づくにつれて水の味も変化してしまうのでしょうか?
ウォーターサーバーの水は、主に天然水といって余計な成分を排除し殺菌加工している特性から味の変化はないと言われています。
しかしそれは未開封の場合。
開封してしまったら、なるべく美味しいうちに飲んでしまいましょう。

もし、期限が迫っている、あるいは過ぎてしまったとしたら、お湯にして使い切りましょう。
非常事態にのためにずっと保管していても、水にも賞味期限があることを念頭に置いておくことが大切です。
飲みきれなくても、毎日の料理の足しに、隠し味に、使用期限内に美味しくいただくのが理想的ですね。
ウォーターサーバーの上手な使い方として、替えは数か月先までとルールを決めて、コンスタントに利用していくことが、もっとも賢い利用法かもしれません。

SITE MENU

Copyright(C) 2013 体に必要な水の知識 All Rights Reserved.