水の賞味期限

水道水よりも安全なウォーターサーバーってどんな物?

東日本大震災後、放射能汚染の問題が日本で毎日のように取りざたされています。
街にも、川や池などで汚染物質の除染作業などが進み、水がようやく日常に戻ってきたと言っても過言ではありません。
でも、果たして水道水は現在、安心して飲むことはできますでしょうか?

基準値以下の水は、体内にも有害ではないと専門家や国の機関が口をそろえてはいますが、少しでも危険のあるものを自分、ましてや家族やお子さんの口に入れたいと思いますか?
水道水を非難するのではなく、純粋に健康と衛生面に細心の注意を払って日常生活を送るには、放射能汚染がないことが確証されている安全なウォーターサーバーのお水をおすすめします。
ウォーターサーバーの水は、味が美味しいだけではありません。

ボトルに水を入れる際の処理には、細心の殺菌処理を施し、水質基準調査も厳しく通過したお水ばかり。
水質面でも、水道水は、蛇口から出るまでの間に毎日水道管を通ってきているので、可能性は低くともどこで細菌に出くわすかわからりません。
古い水道管を使っているアパートやマンションは、正直その実態がつかめないことが実際のところです。

マンションですと、貯水タンクに水道水が長い間溜められている場合もあります。
このように、水道管の状態によって、水質も変わってくるんですね。
それと比べれば、ウォーターサーバーの水は、水がでる部分に直接密封状態の水のボトルをつけるので、衛生面では外の有害なものをその過程で入れ込むことがありません。

それでは、赤ん坊がいる敏感なご家庭には、とても心配は尽きないと思います。
水の出る口の部分は、ご契約の業者に定期的なメンテナンスを行ってもらえます。
そのため、水を常においしく保てるだけでなく、衛生的に利用することができるという最大のメリットが、ウォーターサーバーにはあるのです。
安全と衛生について、できる限りのチェックを行ってくれるのが、ウォーターサーバーのサービスを利用する際の利点とも言えますね。

SITE MENU

Copyright(C) 2013 体に必要な水の知識 All Rights Reserved.