水の賞味期限

ウォーターサーバーの未開封の水の保存期限はどのくらい?

ウォーターサーバーの水は、替えを自宅に保管しておくことも可能なので、災害時や多くの水を必要としたときに便利なのも特徴です。
契約後は、水を業者が届けてくれるため、重い思いをして買ってくる必要がないことが最大のメリットです。
しかし、保存するといっても、永遠に水は腐らないとも言い切れません。
ウォーターサーバーの水は、何度もフィルターを通して処理を行い、殺菌された水なので、賞味期限も長いだろうと思う人もいるかもしれません。

しかし、開封後の賞味期限はわずか2週間。
そして、空気中に触れず、つまり未開封のまま保管している替えのお水の場合も、最長で一年間と言われています。
正しい保存方法で保管した場合も、期限の目安は3か月から半年の期間だそうです。
ペットボトルの水は、開封して口をつけたら一日で飲み干したほうがいいと言われていますが、ウォーターサーバーの場合、直接口をつけなくても、生の水ですので、メンテナンス時に水の出口を殺菌・除菌したりする必要があります。

開封してしまったら、空気中の細菌などが入り込む可能性はゼロではありませんので、当然のことですよね。
でも、未開封の水ですら、美味しく飲むためには、そうした期限を設けているのです。
水の種類によって変わるのではなく、軟水であれ硬水であれ、ミネラルウォーターであれ純水であれ、みな水には、採取されてからの期間によって鮮度があります。

せっかく美味しい水を購入しているのですから、美味しいまま頂きたいですよね。
万一、賞味期限が近づいて心配…あるいは、賞味期限が来てしまっている保存水にかんしては、加熱して使い切りましょう。
一般的に、加熱すれば細菌がいたとしても消滅できますし、心配な場合は、60℃以上のお湯にしてから使うことがポイントだそうです。
ウォーターサーバーは、2年に一回の割合で無料で交換されるそうなので、衛生面にはとても配慮のあるサービス。
お水も常に新鮮な状態で楽しんでほしいというのが、ウォーターサーバー業者の本望でもあるようです。

SITE MENU

Copyright(C) 2013 体に必要な水の知識 All Rights Reserved.