水の賞味期限

ウォーターサーバーの温水で紅茶はおいしくなるって本当?

日本人は紅茶を好きな方が多いですよね。
美味しい紅茶で一息つく時間はとても優雅です。
街には紅茶専門店も多く、お茶の楽しみは日本古来の緑茶にとどまらず、様々なフレーバーティにまでその幅を広げています。

街頭や店頭で試飲を勧められて、その澄んだ味の良さに驚いた事がある方もいるのではないでしょうか?
自宅で自分でお湯を沸かして煎れてみても、同じ茶葉なのにここまで違うなんて…と疑問に思ったこともあるでしょう。
ウォーターサーバーで軟水を使えば、そんな本物の味の紅茶を自宅でも入れることが可能になります。
ウォーターサーバーで使われている軟水は、カルシウムやマグネシウムといったミネラル成分を含んでいないため、紅茶本来の香りを引き立てることができるのです。

ほとんどの日本の地域の水道水は、軟水なので、紅茶を入れるにはそうした意味では適していますが水道水にみられる独特の塩素(カルキ)臭があるので、やはり味に差が出てしまうことは言うまでもありません。
煮沸すると、幾分かは塩素(カルキ)臭は軽減されますが、もともと余分な成分を除去して殺菌処理をしたウォーターサーバーの水との差は歴然です。
ある紅茶専門店が行った研究によれば、水の硬度によっても美味しさが変わってくるということが明らかになりました。

沢山の種類の水で紅茶を作り、味を試した実験で、硬度50のウォーターサーバーの軟水を使用した紅茶が、最も味が良かったとの結果が出たというのです。
一般に、ウォーターサーバーの温水は、85℃〜90℃の温度ですので、この、沸騰する前の温度は、紅茶をいれるのに最も適した温度だと言われています。
会社でウォーターサーバーがあるオフィスは、紅茶やコーヒーのサービスもあると思います。

ウォーターサーバーの水を用いたドリンクサービスが主流となり、その味の良さや種類も定評です。
そのうえ、家庭用ウォーターサーバーの利用者も続々と増えているので、自宅で味わい深い紅茶を作れるのなら、楽しみ倍増ですね。
手間いらずのウォーターサーバーの温水を利用して、飲みたい時に美味しい紅茶をササッと入れて楽しみましょう!

SITE MENU

Copyright(C) 2013 体に必要な水の知識 All Rights Reserved.