水の賞味期限

ボトルを業者に返す利点ってあるの?

ウォーターサ―バーの水を使い切り、ボトルを処分しなければならないとき、二つの方法があるのをご存知でしょうか?
一つは、リターナルボトル(ガロンボトル)方式、もうひとつはワンウェイ方式です。
ウォーターサーバーのボトルの処分方法ではポピュラーなもので、業者が新しいボトルを届けてくれる際に、使い切ったボトルを回収してくれる、つまり「返却する」という方法です。

ちなみに、リターナルの意味は「返却できる」ですよね。
リターナルボトル方式の最大の利点としては、「ボトルを新しいボトルに替えることで、水の料金をおさえられる」という点でしょう。
そのため、現在、このリターナルボトル方式を採用している業者は、水の値段が比較的安くなっているようです。
この形式で利用していただいているご家庭には、業者の担当者が、基本的にお客様の自宅に訪問して定期的にメンテナンスを行なっています。

その際に、殺菌処理やより良い利用法の提案なども受けられますし、衛生面でのケアがなされます。
通常、市販のペットボトルの処理方法は、リサイクルごみの中でも、面倒なほうではないでしょうか。
飲み終わったペットボトルのふたを別回収に分別し、中身を洗って、ラベルをはがし、一生懸命つぶす、といった一連の手間がかかりますよね。

こうした面倒な作業が一気に不要になるので、利用者が一番のメリットに感じているところとしては、「処分の手軽さ」があげられます。
配達してくれるので、自力で重い水を購入しに行かなくても済む、といった利点もありますね。
容器代がかからないという点で、ぞのぶん水がリーズナブルになるのですから、一石二鳥です。
口コミにおいても、つぶさずに保管しておくだけなので、面倒な処理が必要ない、といった声があります。
継続することを考えると、自分にとって重要だな、と思ったメリットのある補法を選ぶことが大切です。
処分の仕方をよくリサーチし、賢くウォーターサーバーを選び、日常の美味しいお水を楽しんで使ってくださいね!

SITE MENU

Copyright(C) 2013 体に必要な水の知識 All Rights Reserved.