水の賞味期限

ボトルを業者に返す不利な点ってあるの?

ウォーターサーバーの水を使用後のボトル処分の方法のうち、リターナル(ガロンボトル)方式の処分方法は、空ボトルを、次の宅配の際に新しいボトルと交換してくれます。
その際、古いボトルを業者が回収してくれるというシステムです。
この方法が定評となっている理由のひとつは、処分の手間が省略されることでしょう。
しかし、この方法が決して全員にとって最良の方法ではないかもしれません。

次に業者がくるまでの間、潰して捨てるという面倒な手間は必要ありませんが、そのぶん、そのままの状態で空になったボトルを置く場所が必要になってきます。
お部屋のスペースに余裕のない人や、一人暮らしのお部屋には、あまり適さないかもしれません。
また、リターナル方式のウォーターサーバーは、水を利用するたびに、ボトルの中に空気が入っていくといったシステムになっています。

そのため、一回一回の利用で、開封前は密封だったボトルの中に、空気と一緒に細菌などが侵入する確率がゼロではありません。
そういった、衛生面を重視している人にとっては、気になる課題かもしれませんね。
そのような人には、ワンウェイ方式と言って、使ったボトルは使いまわさずに処分する方法のほうが、無菌状態をより維持でき、衛生面では気にならないかと思います。
また、リターナル方式は冒頭でも紹介したとおり、業者が新しいボトルと替えてくれるため、毎回のメンテナンス訪問が必要です。

業者が毎回訪ねてくることが煩わしいと感じる方もいるようですので、そうした場合は、すべてを自分のペースで行えるワンウェイ方式のほうが適しているもしれません。
こうしたデメリットや気になる点がありますが、個人によって重視したい点は異なるでしょう。
ウォーターサーバーは、美味しい安全なお水を長く継続して使ってこそ、健康にもコスト面にも効果が出てくるものですので、様々な処分方法を比較しつつ、自分に合ったウォーターサーバーを選びましょう!

SITE MENU

Copyright(C) 2013 体に必要な水の知識 All Rights Reserved.