水の賞味期限

自宅でボトルを処分する事は可能なの?

ウォーターサーバーの水はご契約のメーカーからご家庭へ届けられます。
その配送形式は、水を入れるボトル状になります。
その際、飲み終わったボトルの処分はご家庭ではどのようにするのでしょうか。

ボトルの代表的な処分方法は主に2つあります。
ひとつは、「リターナルボトル(ガロンボトル)方式」
ウォーターサーバーといえばこの処分方法をイメージする方が多いでしょう。
「リターナル」とは「返却できる」の意です。

その名の通り、水をボトルの形で届けてもらい、使い終わったものはメーカーに返却するという方式です。
この方式では、ボトルを再利用できるので、水の料金をおさえられるというメリットがあります。
ウォーターサーバーのサービスを行っているほとんどのメーカーが、この方式により水の価格を下げているといいます。
ただ、このボトルはメンテナンスはされますが、その際に殺菌洗浄されるとはいえ、利用時にボトルの中に空気が入るりこむ事などが考えられます。
リターナルボトル方式では、使い終わったら捨てずにボトルを室内保管しなければなりません。

もう一つの方法は、「ワンウェイ方式」です。
この方法では、ボトルが毎回使い捨てなので、衛生面では返却するよりも安全と言えるでしょう。
市販のペットボトルのように、小さく潰すことが出来ますので、回収まで待つ必要もなければ保管場所もいりません。
ただ、水の料金は、若干高めになります。

容器の種類は、ボトルタイプとパックタイプの2種類があります。
ボトルタイプは、空になったら小さくたたんでリサイクルとして通常のごみとして処分します。
パックタイプは、ボトルタイプよりも軽量で、小さく折りたたむことが可能なんです。
女性でも楽につぶせるので処分が簡単です。

これらのことから、費用面で見ればリターナルボトル方式が良いと言えますが、安全面で見ればワンウェイ方式のほうがより高い信頼がありますね。
どちらを選択するかで、維持費が変わってきますので、ご自身が重視したい側面を考え、
日常の生活と照らし合わせながら、あなたのライフスタイルに合ったウォーターサーバーを選んでくださいね。

SITE MENU

Copyright(C) 2013 体に必要な水の知識 All Rights Reserved.